menu
close

philosophy

採用理念

スタッフの「ハピネス」が
グループを育てる



渋谷矯正歯科グループは、矯正治療を始めとする歯科治療を通じて、患者さまの健康や喜びを支えることを目標にしています。

 患者さまが「受けてよかった」と思う治療は「結果」だけでなく、その「過程」がとても重要です。
クリニックの清潔さ、親身なカウンセリング、気持ちのいい挨拶、ドクターとの良いコミュニケーションなど、こうした些細なことの積み重ねが人の心を柔らかくします。

 ただし、このような人間力と呼ぶべきスキルは、組織にしろ個人にしろ一朝一夕で養われるものではありません。
組織が大きくなれば大きくなるほど見落とされてしまうスキルかもしれませんし、スタッフひとりひとりに心の余裕がなければやはり発揮できない力でしょう。

 だからこそ、渋谷矯正歯科グループはスタッフひとりひとりに自分の人生を大切にしてもらいたいと考えています。
患者さまに幸せになってもらうために、まず、スタッフが幸せになる。
そのために必要な環境はグループとしてどんどん整えていきます。

 ぜひ私たちと一緒に、次の渋谷矯正歯科グループを作っていきませんか?

総院長メッセージ

裏側矯正治療の発展を
一緒に支えていきましょう


はじめまして、渋谷矯正歯科グループ総院長の東海林貴大です。渋谷矯正歯科はその前身となるクリニック時代から裏側矯正治療に取り組んできました。裏側矯正専門の道を歩んだのは、すべて患者さまのため。患者さんに求める負担が大きい「矯正治療」を少しでも快適なものにしたい。そう考えたからです。日本でも矯正治療の認知度が広まってきましたが、これから更に発展する分野だと思います。 将来の裏側矯正治療の発展を担うのはあなたです。

総院長

東海林 貴大しょうじ たかひろ

神奈川県川崎市出身。北海道医療大学歯学部を卒業後、同大学歯学部歯科矯正科に入局。その後、札幌医科大学口腔外科を経て、2007年3月 青山通り矯正歯科を開業。2013年10月 渋谷に移転し、渋谷矯正歯科へと改名。日本矯正歯科学会専門医、日本成人矯正歯科学会認定医、世界舌側矯正歯科学会WSLO認定医、ヨーロッパ舌側矯正歯科学会ESLO認定医、米国 アライン・テクノロジー社認定 インビザラインブラックダイアモンドドクター。

スタッフが向上して
働きやすい環境づくり

渋谷矯正歯科グループでは、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、アシスタント、受付カウンセラーの各分野のスペシャリストが、働きやすい環境・制度を設けています。



海外の学会への参加奨励

渋谷矯正歯科グループでは、研修制度を整え、職員がしっかりとスキルアップできる環境づくりを行っております。特に海外の学会参加には力を入れており、そのための費用補助や休暇付与といったかたちで参加を応援しています。海外の先端的治療に触れることはもちろん、学会発表や資格取得のチャンスも得ることができます。

職員の「ハピネス」を重視

私たちは患者さんの悩みに向き合い、常に患者さんの幸せのために働いています。ただし、職員が自身の幸せを犠牲にして働くというのは違います。職員自身の人生やプライベートの時間も大切にし、生き生きと働けることで初めて患者さまに心を向けられるのではないでしょうか? グループでは、個々のスタッフが充実感を得られるような、「ハピネス」を感じられる職場づくりを行っています。

スキルを上げる院内の取り組み

日本矯正歯科学会は1926年に設立された、日本を代表する学会です。矯正歯科分野にも沢山の認定資格がありますが、日本矯正歯科学会臨床指導医の資格は、最短12年の臨床と矯正治療の研究を実践することが求めらるため、取得までの道のりが厳しい資格のひとつでもあります。(*日本矯正歯科学会専門医は日本矯正歯科学会臨床指導医の名称に変更されました。)
その資格認定の厳しさを表すのが臨床指導医の数です。日本矯正歯科学会の会員数はおよそ7,000名ですが、そのうち臨床指導医は374名(2021年1月現在)となります。矯正歯科の看板を掲げる歯科医師は全国で27,000人(2015年厚生労働省 医師、歯科医師、薬剤師実態調査による)に及びますが、日本矯正歯科学会臨床指導医の数は割合にしてそのわずか1.3%でしかありません。

努力が実になる評価制度

渋谷矯正歯科グループでは、各分院の院長に収支や人事評価の権限があります。つまり、職員の日々の取り組みや頑張りを間近で見ている人間が、客観的な評価体系を基本としつつ、評価を行います。現場側に判断や評価が委ねられているので、あなたの小さな努力も大きな努力も汲み取ることができますし、積極的に評価を行う態勢が特徴です。

理解・共感して
実現に向けて行動できる方

01/ 誠実さと責任感

渋谷矯正歯科グループでは「患者さまのお口の健康を任されている」という意識を持って、スタッフひとりひとりが責任ある行動・言動を行うことが大切だと考えています。「信用」や「信頼」はそうした姿勢から生まれてきます。 患者さまに対してはもちろん、一緒に働くスタッフに対しても常に誠実であること。そして自分自信に対しても誠実に向き合うことで、長く働くことができる環境を作ることができるのではないでしょうか。

02/ チームワーク

裏側矯正専門クリニックとしてスタートした渋谷矯正歯科グループでは、矯正のみではなく、予防・審美・虫歯治療さまざまな患者さまのニーズに応えるため、医師、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、医療事務とさまざまな役割でスタッフが一体となったチームプレーにより患者さまへの最高のサービス提供を目指しており、それこそが渋谷矯正歯科グループの強みの一つと考えています。 このような強みや好循環を生み出す背景には、相手を大切にし、思いやり、助け合い、協力し、仲良く活き活きと働くことが、社会人生活の最も大切な要素の一つであると考えています。 新たな仲間と共に、チームワークを大切に、常に社員全員の笑顔が作れる会社を目指しています。

03/ チャレンジ精神

近年、矯正治療や審美治療への関心がますます高まっており、またこの分野の進歩も目覚ましいものがあります。 渋谷矯正歯科では「裏側矯正」や「マウスピース矯正」がまだ広く知られていない時期からその治療に取り組んできました。今後も治療方法やシステムは進化し、患者さまのニーズや求めるサービスも変わってくることでしょう。過去に囚われない柔軟な思考を持ち、必要な時には「チャレンジする」。そうした姿勢はどのような分野でも求められます。 組織の旧習にとらわれず、変化を恐れない姿勢は大歓迎です。

エントリーする ⇀